· 

2020年 春分図による1年の流れ

占星術においては

牡羊座に太陽が入室するとき

つまりは牡羊座0度0分のときの

チャートを「春分図」といいます。

 

春分図は1年の社会の出来事をまず示し

集合無意識を意図していると

されています。

集合無意識というのは

社会の中で誰かがその出来事を経験し

それがニュースとなったり人から人へと

伝わりながら他の人たちも

自然にその考え方が意識づけられていく

とういうことですね。

ですから、春分図に書かれていることを

ダイレクトに経験する人もいて

いたしかたありません。

それは必ずしも良い方向とも限りません。

 

集合無意識のための犠牲。

そんな視点をもったことが

あるでしょうか?

見えない力や世界というのは

そんなに浅くはないはずですが

今は様々なスピリチュアルがでまわり

「因果が早くまわっているようです」

と訳の分からない見えない世界を

説く人も増えています。

 

人が説く思想よりも
自分でしっかりとよく考えて

見えない世界の意図や仕組みを
自分で知り理解することが

必要であるでしょう。

 

2020年の春分図を見てみましょう。

10ハウスの天王星と6ハウスの冥王星

が90度を組んでいます。

オーブは10度ですから

これをアスペクトの許容とは

とらないと考える人もいるでしょう。

わたしはこの90度が働くととります。

冥王星は5度前ルールの適用ですから

7ハウスにも影響してくるでしょう。

 

1対1の人間関係によって

ご自身の役割や肩書が良くも悪くも

一転するということを経験する人も

再びいるでしょう。

これは昨年と同様の流れですが

ハウスが少し違います。今年は

対人関係や仕事の部屋に冥王星が

在住するということです。

オーブは緩いため対処をしていこうと

思えば対処できます。
この90度は非常に力の強い

サタ二アンの2天体の90度ですから

キツさをともなう0への変化か

逆転していくようなどちらかの
上下の変化となるでしょう。

 

冥王星には土星、木星が合となります。

今年はグレートコンジャンクションが

ありますから貴重な配置となりますが

冥王星が重なっているというのが

今年ならではであるでしょう。

 

本来、木星は制限がないのですが

そこに土星と冥王星が重なることから

守るべきルール下や条件下のもとで

社会の流れが変わっていくことが

予想されます。

少し緊張感も伴うでしょう。

木星の楽観は押さえられていく

ように思えます。

 

そのかわり海王星を頂点として

金星ー木星ー海王星が形成されて

いきますから、思ったことは

外から何かしらの機会がきて

いつの間にか叶っている

という非常に恵まれ刺激もあり

喜びも多い1年となりやすいでしょう。

 

ルールを破らず

まずは条件に従いながら

真面目にコツコツやるということを

繰り返していくでしょう。

ルールを逸脱している場合は

ルールを逸脱したまま同じことを

続けていくのでしょう。

天体同士の180度はありませんから

前進していくというよりも

目標達成や実現が強い1年と

なりやすいです。

 

また対人関係においても

自立をしていない人はイヤになる

という配置があります。

90度ですから最初はなんともなくても

後からそうなっていく感じですね。

 

以前からお伝えしているとおり

依存している人は

水瓶座になってきたら厳しいという

前段階に入ると思われます。

 

それはパートナーへの依存

関わった相手への依存

人にやってもらおうと依存すること

誰かに助けてもらえるからそれでいい

今までは射手座期でそれが許容され

通用してきましたが

そんな依存心や共依存性が強い人は

今から改めていかないと

自分ではなくて

相手がそうじゃなくなる

相手がしだいにイヤになる

と思っていいでしょう。

 

今年1年も非常に縁の切り離しや

喜びの強弱が強い1年となります。

あなたが自分自身に嘘をついて

生きているのならもっと自由に

生きたいと何かの縛りから

解放されたいと考えさせられる

1年となるかもしれませんね。

 

土星は山羊座の最後の度数で

水瓶座へいったん入室していきます。

今まで無意識に我慢していたことも

そこに嘘がつけなくなり

我慢が何度も何度もできなくなってくる

ような現象や状況が少しずつ

増えてくるでしょう。

我慢しては、またもとにもどり

そうやって無意識の我慢が

蓄積されていくような感じです。

 

星の意図に早々に気がつき

本音からそれないこと

損得で選ばないこと

そうやって自分自身をとにかく

全身全霊で軌道修正していく人へは

太陽に対し土星も、そして冥王星も
サポートするため

我慢という方向ではなくて

限界突破のための

チャレンジの機会を何度も

与えてくれるでしょう。

 

少しきついかもしれませんが

この1年は最後のきつさだと

思っていいです。

キーはこの土星と冥王星の合の配置を

乗り越えて達成していくか?

だと思います。

 

好きなことに気持ちよく打ち込み

そこに幸運がある1年となるでしょう。