天体の順行と逆行サイクル

天体の順行と逆行を把握しているメリットとは?

天体の順行と逆行を把握しておくと

自分が順行の時のほうが

順調でうまくいきやすいのか?

それとも逆行のほうがスムーズに

事が運ぶのか?

自分が行動しやすい

パターンをつかむことができます。

 

順行と逆行の基本象意はありますが

その時の現象はひとそれぞれです。

大事なのはあくまでも

自分のパターンをつかむこと。

 

そのパターンをつかむには

出生時にどの天体が順行と逆行

だったのか?を把握しておきましょう。

 

2019年 天体サイクル 順行と逆行

天体 留開始(逆行開始) 留終了(逆行終了)

水星

11/1 5:32

11/20    23:30

金星

なし なし

火星

なし なし

木星

4/11   2:03

 8/12  1:27

土星

4/30   11:28  9/18  15:14

天王星

 8/12  16:23  2020/1/11   10:49

海王星

 6/21  23:37  11/28  5:15

冥王星

 4/25  3:46  10/3  6:22

2020年天体サイクル 順行と逆行

 

天体 留開始(逆行開始) 留終了(逆行終了)
水星 2/16 19:15  魚座 3/9     17:05  水瓶座

水星

6/18   4:31  蟹座

7/12      15:56  蟹座

水星 10/14 13:31    蠍座 11/3      17:21     天秤座
金星 5/13 19:16  双子座 6/25    3:08     双子座
火星 9/10   2:47  牡羊座

11/16     4:23   牡羊座

木星 5/15   3:28  山羊座 9/13    8:55   山羊座
土星 5/11  18:27 水瓶座 9/29   11:52   山羊座
天王星 8/16      1:53  牡牛座 2021/1/14   17:37     牡牛座
海王星 6/24   3:23   魚座 11/29 18:06      魚座
冥王星 4/26  21:56    山羊座 10/4   14:44   山羊座

 

「留」とは?

天体が進行していくとき

度数(位置)を刻みながら

進行していきます。

 

順行から逆行に転じるときと

逆行から順行に転じる際に

惑星の見かけが一時的に

留まっているように見えるときが

あります。

その時を「留」といい

留を境えにして順行と逆行が

切り替わっていきます。

留の前後一週間は

度数の刻み方が乱れます。

 

この動きが転じる

「留」の前後1週間が最も

出来事が起こりやすいです。

 

目の前やニュースでの現象を

よく観察してみるといいでしょう。