ノーアスペクトについて

アスペクトとは

占星術においてアスペクトは命です。

アスペクトとは何かというと

天体と天体が作る角度です。

 

このアスペクト解釈が最も難しく

どんなにベテランになろうが

アスペクトがその人の人生の現象に

どう働くかは誰にも分かりません。

選択によって現象が変わるからです。

 

たとえば

天体自体はベネフィック(吉星)で

恵まれたタイミングに見えても

実際に起きた現象は麻薬事件で

逮捕をされるなど非常にネガティブな

出来事になっている人もいます。

 

人はどうしても幸運に目を向けたいし

私たちもそうあってほしいとも

思います。けれども星を知る者として

どちらかに偏るというのはやはり

この地球上のバランスがとれないもの

なのだと理解します。

 

幸運を偏って伝える人は

おそらくですがネガティブな現象を

知りつつも、それを分かった上で

幸運を伝えているのだなと

最近思います。

 

けれどある一定の人は

そうではないともう知っているし

分かってしまう。

それだけアスペクトとは

伝え方が本当に難しいものです。

 

1つのアスペクトで世界がみんな

幸せで平和になるのなら

とても幸せなことですが

たった1つのアスペクトでも

起こる現象が全く違うのは

それだけ世界は複雑である

ということの象徴なのでは

ないでしょうか。

 

 

ノーアスペクトについて

アスペクトの種類はいくつもあり

単独と複合。さらにはハードとソフト。

メジャーとマイナー。

学ぶ当初というものは

聞いただけでも頭がごっちゃに

なりがちです。

 

アスペクトの中には

ノーアスペクトというものが

ありますが、名前のとおり

アスペクトがないということです。

 

このノーアスペクトですが

言葉が先行してしまい

「この天体がノーアスペクトで。。。」

というかたが結構いるのですが

ノーアスペクトってあまりありません。

 

ホロスコープを出すと

メジャーアスペクトだけが表示される

ソフトがほとんどなので

一見アスペクトがなさそうに見える

のですが

よくよく記号表でみると

マイナーアスペクトがいくつもある

ということがほとんどです。

 

メジャーアスペクトがないことを

ノーアスペクトと解釈する人もいますが

マイナーアスペクトの意味を考えたら

その解釈自体が不毛だと思います。

 

マイナーアスペクトにも

きちんと意味があるのですから

それをノーアスペクトと解釈すると

マイナーの意味を無視していることに

すぎません。

 

マイナーアスペクトは実感がしずらい

ですが、働いていないとはならず

ましてや細かい才能を表してくるので

マイナーアスペクトを見ずにして

「ノーアスペクト」というのは早計で

あるでしょう。